ニュース一覧

特殊詐欺防止で感謝状をいただきました!

CIMG5717

9月1日(金)、弊社警備隊員が銀行のATMに到着したところ、高齢のお客様が携帯電話で話しながらATMを利用しておられました。
会話の一部から、振り込め詐欺の被害にあわれるのではないかと直感し、社内で指導されているとおり声かけをしました。
お客様は、「邪魔をしないでもらいたい」と隊員の申し出を拒んでおられました。しかし、隊員がひるまずにATM内に入り、お客様に「とにかく一度、操作をやめましょう。私がお相手と話しますから電話を代わってください」と強く説得し、通話中の電話を譲り受けて、「こちらの警備を担当している、富山県綜合警備保障の者です。」と伝えたところ、相手は一方的に電話を切ってしまいました。

この時お客様は、大切な預金を相手方に振り込む寸前の状態でした。
お客様に事情を伺ったところ、「還付金がありますから」と嘘の話でATMに誘い出し、お客様の口座の残高を聞き出し、相手方の口座に振り込ませようとしたもので、その後、臨場した警察官が捜査した結果からも、振り込め詐欺であることが判明しました。

隊員の対応により、お客様の大切な預金に被害はなかったことから、9月12日(火)、弊社及び同隊員に銀行から感謝状を授与されました。

2017年09月22日

空港保安隊が感謝状をいただきました!

P9130104-1

8月21日(月)午後7時20分ころ、弊社空港保安警備隊員が富山空港の保安検査で、お客様の態度や言動に不審な様子がうかがわれたため、手荷物のX線映像を入念に確認し、あらためて荷物を開けて検査を行ったところ、吸引用とみられるガラスパイプと封筒に入った粉末を発見しました。それにより、連絡を受けて臨場した警察官が捜査を行った結果、覚せい剤であることが判明し、覚せい剤取締法違反事件の犯人として逮捕され、新聞等に報道されました。

この功労に対して、9月13日(水)、空港保安隊に富山南警察署長から感謝状が授与されました。

空港保安警備隊は、ハイジャック等の凶悪犯罪からお客様の生命・身体等を守るため、爆発物や凶器が機内に持ち込まれないように、日頃からX線装置や持ち物の検査技術の向上のための訓練を積み重ねています。弊社空港保安警備隊員は、今後も高い技術と力を備えた保安業務のプロ集団として、お客様の安全な空の旅を守っていきます。

2017年09月22日

防災訓練に取り組みました

CIMG5673

弊社では、災害に強く、どのような状況にあっても変わらないサービスを提供するために防災訓練等に積極的に取り組んでいます。

9月1日(金)、防災の日にあわせて県が呼びかけた「県民一斉防災訓練~シェイクアウトとやま~」に参加し、全社で震災発生を想定して参加者が一斉に身を守るための安全確保行動を確認しました。

9月19日(火)、本社等の火災を想定した避難と初期消火訓練を行いました。弊社は、9月1日に富山市消防局長から消防団協力事業所表示証の交付を受けており、訓練では、現役消防団員が模範を示すなど、充実した内容となりました。

2017年09月21日

第67回全日本実業柔道団体対抗大会に弊社柔道部が出場!

jyuudou

6月3日(土)、4日(日)の両日、アルビス小杉総合体育センター(富山県射水市)において、全日本実業柔道団体対抗大会が開催されました。

大会には、オリンピックの金メダリストをはじめ、有名選手が多数出場しており、間近に選手の活躍を観戦でき、大変有意義でした。

弊社柔道部は、男子第3部に出場し、県内出場チームが早々と姿を消した中、3回戦までいきましたが、東京海上日動火災保険チームと勝数同じとなり、代表決定戦を行いましたが惜敗しました。

なお、ALSOKグループでは、富山県出身の田知本姉妹を擁するALSOK綜合警備保障が女子第2部で優勝しました。

2017年06月12日

採用情報を更新しました!

20170329094807_002_1

2018年春に学校を卒業予定の新卒者と自衛隊除隊予定者の採用案内を更新しました。⇒こちら

通年採用に技術職を追加しました。警備機器の設置や保守を行う、エンジニアの募集です。⇒こちら

2017年05月22日

新戦力とともに力強く第47期をスタートしました!

CIMG0313_320

4月3日、大学等を卒業して新たに採用となった16名が加わり、営業本部長が事業目標を力強く宣言して第47期の事業をスタートしました。

本年度も「誠実」、「正確」、「強力」、「迅速」をモットーに、お客様へのサービスに誠心誠意、最善を尽くしますので、よろしくお願いします。

2017年04月03日

住宅用火災警報器のご案内

Hotiki

設置から10年、そろそろかえどきです

住宅用火災警報機は、2006年(平成18年)に設置が義務付けられ、一般住宅に取り付けられるようになってから10年以上が過ぎました。
これまでに弊社で販売した警報器の保証期間は、お買い上げの日から10年です。
警報器は、電池の寿命のほかに炎や煙を感知するセンサーの寿命もあることから電池だけの交換ということはできません。本体ごと新しいものと交換する必要があります。
皆様のかけがえのない家族の命と大切な財産をまもるためのものです。信頼性の高いものを用意しましょう。
弊社では、国産の大手有名メーカー「ホーチキ」の警報機をお安く提供しています。

お問い合わせは、本社076-443-5888にお電話をお願いします。

2017年01月19日